ロボットオタクへのすすめ


“ほぼベゼルレスでポップアップカメラのハイエンド「OnePlus 7 Pro」、669ドルから “

“中国のスマートフォンメーカーOnePlusは5月14日(現地時間)、ニューヨークで開催のイベントで新フラグシップスマートフォン「OnePlus 7 Pro」を発表しました。米国などで17日に発売する。価格はメモリ6GB・ストレージ128GBで669ドル(約7万3400円)から。目を引くのは6.67型でほぼベゼルレスなディスプレイ。リフレッシュレート90HzのQHD+(解像度3120×1440ピクセル、516ppi)の有機ELでHDR 10+です。このベゼルレスディスプレイは、ディスプレイ内指紋認証センサーとポップアップするセルフィー用のインカメラで実現しました。指紋認証センサーは先代の「OnePlus 6T」のものより1.1ミリ大きくなり、反応は2倍速くなったということです。この他の主なスペックは、OSはAndroid 9 Pieベースの「OxygenOS 9」、プロセッサはQualcommのSnapdragon 855、GPUはAdreno 640、メモリは6/8/12GB、ストレージは128/256GB(microSDスロットはなし)です。
https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/smartphone-camera/

「カメラ機能」にこだわりたいなら画素数をチェック!

普段からSNSを利用される方、写真を撮ったり動画を撮る方は、カメラ機能にこだわってandroidスマホを選びたいという方も多いと思います。どんな機種にするか決めていないけど、カメラ機能が充実しているもの、キレイに撮れるものがいいということであれば、まずは画素数をチェックしてみましょう。最近のスマホはインカメラと外側のカメラの二種類があり、機能によって画素数が変わっています。通常の撮影ならば800万画素あれば十分な撮影が可能ですが、自撮り機能がついていたり撮った写真を綺麗に加工する機能がついたものなど様々です。いざ写真を撮りたい!と思った時にすぐに起動してくれるかどうかは、写真好きな人にはかなりのポイントになってきます。ここぞという時に、シャッターチャンスを逃さずにとれる起動時間が短いものを選ぶ点も重要です。ちなみにダブるレンズを搭載しているものなら、背景をぼかすなどプロ並みの写真を撮ることも可能なので是非参考にしてみてください。


More »

“日本で初披露 「Xperia 1」の実機に触れて “

ソニーモバイルコミュニケーションズが4月16日、報道陣向けに「Xperia 1」の体験会を開催しました。Xperia 1は、日本を含む世界で2019年初夏の発売を予定していて、21:9という縦長の4K 有機ELをディスプレイ搭載したフラグシップ機です。既に「MWC19 Barcelona」で発表されたのですが、日本で実機が披露されるのは初めてということです。短時間でしたが、タッチ&トライコーナーでグローバル版の実機を触り、久しぶりに「欲しいXperiaだ」と感じました。他社も含めたフラグシックスマホは、ディスプレイのアスペクト比が18:9や19:9などが主流になりつつあるのですが、Xperia 1は、それよりもさらに縦に長い21:9のアスペクト比を採用しています。ソニーモバイルは、この比率を「シネマワイド」と呼んでいて、4K HDRの有機ELと相まって、映像コンテンツにより没入して楽しめます。映像配信サービスでは「Netflix」、ゲームでは「FORTNITE」「ASPHALT9」「ARENA OF VALOR」が21:9で楽しめるということです。


More »

動画のストリーミングでギガを無駄に使わない方法

“簡単なテクニックでも、知らずにいるとAndroid端末などから、大量のギガが使われてしまう・・・、このような問題に直面することもあります。
例えば、今では多くの人が動画視聴のためにスマートフォンを利用するようになりました。そのため、「動画は高画質で見るのが当然」という考えを持っている方もいるのですが、こちらはギガ不足に陥る要因の1つなので注意してください。
そもそも、現代の動画のストリーミングは、「無駄に高画質で見ることが可能」となっており、しかも、スマートフォンの初期設定は、「動画のストリーミングは高画質のまま」なのです。短時間の動画ばかり視聴しているはずなのに、いつの間にかギガ不足に陥ってしまう・・・、このような人はストリーミングの設定を確認するようにしましょう。
補足となりますが、動画サイトで低画質の設定をタップしても意味がありません。設定をタップするまでに読み込みが完了してしまい、何度もギガを無駄に使ってしまう恐れがあるからです。”


More »

“「URBANO V04」の実力は?  “

背面には有効約1600万画素のシングルレンズカメラを搭載し、複数の写真を同時に撮影、合成することで、背景をぼかした写真を記録できます。インカメラは有効約800万画素で、背景をぼかした写真はインカメラでは撮影することはできません。京セラによると、背景をキレイにぼかす被写体までの最適な距離は、人物では1.5m以内、人物以外では70cm以内だということです。つまり最適な距離に被写体を配置しないとうまくボカシを入れる撮影はできないということです。背景ボケの他に、ダイレクトSNSというモードもあり、撮影した写真や動画をまとめてSNSに共有できます。この機能もインカメラでは使えません。ワンセグやフルセグチューナーは搭載していないのですが、FMラジオチューナーを内蔵しています。radiko.jpアプリがプリインストールされているので、アプリ内でインターネットラジオからFMラジオの放送に切り替える形で聴けるようになりま。


More »

穴あきスマホ

ミドルハイスマホの「Galaxy A8s」はご存知だろうか。このスマホは表示画面の拡大を主な目標とした結果、生まれたスマホである。カメラレンズのみをくり抜き、それ以外はディスプレイという、斬新なデザインだ。今となってはこのぐらい広いディスプレイのデザインも珍しくないが、当時は斬新なアイデアだったのだろう。このスマホの背面についているカメラにも力を入れており、光学2倍ズームに対応する1000万画素望遠カメラ、2400万画素のメインカメラ、500万画素の深度カメラによるトリプルカメラの実装をしている。カラーは2種類あり、値段は6万近くだそうだ。今だと最新機種なんかでも、ディスプレイが広いのはたくさんあると思うが、この値段でカメラも充実しているスマホは少ないと思う。最新機種のディスプレイが広いスマホを買うよりも、一度このスマホを試してみてから最新機種を買うのでも問題ないと思う。私ならこちらの方をお勧めする。https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/smartphone-camera/


More »

スマートフォンの「Blade V8」

スーパースリムメタリックボディが高い品質感を醸し出しており、高性能と省エネを実現したプロセッサや高性能な指紋認証機能などが搭載されたスマートフォンが「Blade V8」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはシャンパンゴールドとミッドナイトグレーの2色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約148ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約141gになっています。
CPUはスムーズなパフォーマンスを実現させるクアルコムのスナップドラゴン435オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBです。
ディスプレイは約5.2インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2730mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはデュアルレンズがついた約1300万画素+約200万画素のメインカメラと約1300万画素のフロントカメラが搭載されており、多彩なカメラモード設定やプロ並みのパラメーター調整機能が付いています。https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/smartphone-camera/


More »

スマートフォンの「EveryPhone EP-171ME」

高級感溢れるフルメタルボディを採用し、2つのアプリを同時に表示できるマルチウィンドウが使用できて基本的な機能が全て搭載されているスマートフォンが「EveryPhone EP-171ME」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはゴールドとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約165gになっています。
CPUはMTK6737クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBです。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは安心して使用できる2200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはデュアルカメラを採用した約800万画素+約200万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンは国内と海外で使い分けられるデュアルSIMスタンバイになっています。https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/smartphone-camera/


More »

スマホのバックアップは大切にしたいですね

スマホのバックアップなのですが取っていなくてショックを受けた経験ないでしょうか。
データは手動でする場合は、自分でバックアップを取っておかなくてはいけません。
自動で設定をしていけばいざとなった時にデータが残っているのでいいものですよ。
バックアップがもしも取れていなければ、スマホが故障した場合データは戻ってきません。
どこかにバックアップを残しておく必要があります。
その方法として、パソコンやスマホへしっかりとデータを残しておかなくてはいけないのです。
スマホでもいいのでデータをきちんと残しておいてくださいね。
スマホのデータには、写真、動画、メール、メモ、電話帳などなど大切なデータはたくさんあると思うのです。
電話帳がなければ連絡だって取ることが困難になります。
また、写真や動画もたくさんの思い出ですよね。
それが消えてしまうということは本当にショックが大きいものです。
そういうことにならないためにも、バックアップが大切になります。
データをしっかりとの残したい場合は、パソコンとスマホ両方でバックアップを残しておくといいかもしれませんね。
SDカード、パソコン、グーグルなどなど残せる場所はたくさんあるのできちんとデータを残せるような状態にしておいてくださいね


More »

ドコモの冬コレクションGalaxy Feelの特長は?

春コレクションで発売され、手になじむコンパクトなサイズ感の中に必要な機能を盛り込み、使いやすいと人気の「Galaxy Feel」からブラック、ホワイト、チャコール系ピンクの3色にくわえて、新たに新色、「オーロラグリーン」が仲間入りします。鮮やかな青い海を思わせるようなカラーは、2018年のトレンドでもあるナチュラルなコバルト系グリーン。女性だけではなく男性にも似合いそうなスタイリッシュなカラーになっています。
「Galaxy Feel」小さいカバンやポケットにもスッキリ入り、片手操作を想定しているモデル。4.7インチで端末幅67mm、薄さ8.3mmのスリムなボディの中には、撮影が楽しくなる「フィルター」や「コラージュ」など、充実のカメラ機能がプリセットされていて、“簡単”に“設定要らず”で撮影できます。SNSに写真をアップする人には欠かせない、自分に自信がつく「美顔モード」も最初から搭載されています。
また、3,000mAhの大容量バッテリーをコンパクトボディに積み、電池の残りを気にせず長時間安心して利用可能な上、急速充電にも対応しており、約110分でフル充電が可能な仕様になっています。
シャッターチャンスを逃さず、写真編集も簡単なのでSNSに写真をよく投稿する方に特におすすめのモデルです。


More »