ロボットオタクへのすすめ


HUAWEI P30 liteの魅力は安くて高品質!

HUAWEI シリーズというと、高性能なハイエンドスマホというイメージを持っている方が多いと思います。本体もオシャレでカメラ機能も充実、となると気になるのが価格だと思います。実は、HUAWEI P30 liteは2019年夏モデルとして発売されたばかりの新型にも関わらず、本体価格は3万5千円と超破格です。カメラはトリプルレンズを使用しているので、超広角カメラが加わりあらゆるシーンに対応した撮影が可能です。画面いっぱいに広がるディスプレイは、HUAWEI P30 liteならではといえます。普段から動画やゲームを良くされる方、画面が大きい方が見やすいなと思っている方におすすめです。顔認証や指紋認証にも対応しているので、セキュリティーも抜群です。背面に指紋認証センサーがあるので、本体を握った時に指で操作しやすい点も魅力ですね。これだけの機能が揃っていて3万円5千円というのは、超破格と言えるでしょう。

arrows Be3は三万円台で購入できる!

これから新しくスマホを購入される方で、基本的なスペックは揃えたいけど価格も抑えたいという方におすすめなのが日本メーカー富士通のミドルレンジスマホ「arrows be3」です。今までarrowsシリーズで培ってきた本体の頑丈さはそのままに、使い勝手も良く基本的なスペックも揃えつつ価格はなんと三万円代というお手頃価格になっています。スマホは高い、というイメージをお持ちの方も多いのですがここまで価格を抑えられているので、初めての方のでも持ちやすい値段になっています。今までガラケーを使っていたけど、そろそろスマホを使ってみたいという方におすすめです。また本体ボディの四つの角は丸みを帯びたデザインになっているので、手に持った時のフィット感があり持ちやすいです。arrowsでは初となる18:9ディスプレイを搭載しており、片手でも十分持って操作できるサイズになっています。あまり大きすぎるデザインは使いにくい、という方も安心して使えます。


More »

Xperia Ace SO-02Lはコンパクト!

Xperia Aceの大きさは、5.0型とコンパクトなサイズなので片手でも十分に扱えます。ちなみに2018年夏に発売されたXperia XZ2も5.0型ですが、XZ2よりAceは一回り大きくなり、薄く、軽くなりました。XZ2をお使いだった方は、今回のAceが慣れていて使いやすいと感じる方も多いでしょう。XZ2は、重さが約168g、サイズは65×135×12.1mmとなっています。対して今回、発売されたAceは、67×140×9.3mmで、およそ154gなので若干軽くなり、薄くなっていますね。また端末の右側面には、電源キーと指紋センサーを兼ねるボタンを搭載しています。その横には、音量ボタンが二つ並びデザインもシンプルかつオシャレな仕上がりになっています。バッテリーも2700mAhあるので、普通に使う分には十分な容量といえます。SNSを閲覧したり、インターネットで調べものをする程度でしたら一度充電すれば十分なスペックと言えますね。


More »

少し高いが人気のスマートフォン「Lenovo モトローラ Moto Z3 Play」

“Lenovo モトローラ Moto Z3 Playは、約55000円で販売されているスマートフォンなのですが、国内外で人気のスマートフォンとなっています。
Lenovo モトローラ Moto Z3 Playの特徴は、「薄型アルミボディ」を採用しているところでしょう。今では、スマートフォンであっても、大容量バッテリーを組み込む都合上で、大型化がハッキリしているものが増えてきました。
そのため、アルミボディを採用しているLenovo モトローラ Moto Z3 Playは、他にはないものを持っているスマートフォンと言えます。しかもLenovo モトローラ Moto Z3 Playは、「カメラ機能に優れている」という特徴もあるのです。
Lenovo モトローラ Moto Z3 Playのカメラは、ローライトセンサー、深度センサーで、目で見る以上に情報を写すことが可能となっています。つまりLenovo モトローラ Moto Z3 Playであれば、写真撮影技術が未熟な人であっても、簡単でオシャレな写真を撮影することが可能なのです。”


More »

“クラウドSIMスマホの新型「jetfon P6/FREETEL P6」発表、MAYA SYSTEM “

MAYA SYSTEMは、SIMカード不要のクラウドSIM技術を採用するスマートフォンの新モデル「P6」を発表しました。「jetfon」ブランドおよび「FREETEL」ブランドの両方から発売されます。「jetfon P6」は5月14日に発売され、公式オンラインショップでの販売価格は1万6800円(税抜)。「FREETEL P6」は5月下旬~6月上旬に発売される予定で、予約受付はすでに開始されています。「FREETEL P6」は事前購入特別価格として、500台限定で1万4800円となります。両ブランドから発売される「P6」は、“Priori 6”を表し、Prioriシリーズの後継機種として展開されます。前モデルの「jetfon」からクラウドSIM技術が進化し、事前のネット環境が不要となり、GlocalMeネットワーク経由での通信プランの購入が可能となりました。これにより、日本で通信量を購入していなくても、海外旅行の現地に到着してから通信量の購入ができるようになったのです。


More »

“ほぼベゼルレスでポップアップカメラのハイエンド「OnePlus 7 Pro」、669ドルから “

“中国のスマートフォンメーカーOnePlusは5月14日(現地時間)、ニューヨークで開催のイベントで新フラグシップスマートフォン「OnePlus 7 Pro」を発表しました。米国などで17日に発売する。価格はメモリ6GB・ストレージ128GBで669ドル(約7万3400円)から。目を引くのは6.67型でほぼベゼルレスなディスプレイ。リフレッシュレート90HzのQHD+(解像度3120×1440ピクセル、516ppi)の有機ELでHDR 10+です。このベゼルレスディスプレイは、ディスプレイ内指紋認証センサーとポップアップするセルフィー用のインカメラで実現しました。指紋認証センサーは先代の「OnePlus 6T」のものより1.1ミリ大きくなり、反応は2倍速くなったということです。この他の主なスペックは、OSはAndroid 9 Pieベースの「OxygenOS 9」、プロセッサはQualcommのSnapdragon 855、GPUはAdreno 640、メモリは6/8/12GB、ストレージは128/256GB(microSDスロットはなし)です。
https://www.galaxymobile.jp/explore/hint/smartphone-camera/


More »

「カメラ機能」にこだわりたいなら画素数をチェック!

普段からSNSを利用される方、写真を撮ったり動画を撮る方は、カメラ機能にこだわってandroidスマホを選びたいという方も多いと思います。どんな機種にするか決めていないけど、カメラ機能が充実しているもの、キレイに撮れるものがいいということであれば、まずは画素数をチェックしてみましょう。最近のスマホはインカメラと外側のカメラの二種類があり、機能によって画素数が変わっています。通常の撮影ならば800万画素あれば十分な撮影が可能ですが、自撮り機能がついていたり撮った写真を綺麗に加工する機能がついたものなど様々です。いざ写真を撮りたい!と思った時にすぐに起動してくれるかどうかは、写真好きな人にはかなりのポイントになってきます。ここぞという時に、シャッターチャンスを逃さずにとれる起動時間が短いものを選ぶ点も重要です。ちなみにダブるレンズを搭載しているものなら、背景をぼかすなどプロ並みの写真を撮ることも可能なので是非参考にしてみてください。


More »

“日本で初披露 「Xperia 1」の実機に触れて “

ソニーモバイルコミュニケーションズが4月16日、報道陣向けに「Xperia 1」の体験会を開催しました。Xperia 1は、日本を含む世界で2019年初夏の発売を予定していて、21:9という縦長の4K 有機ELをディスプレイ搭載したフラグシップ機です。既に「MWC19 Barcelona」で発表されたのですが、日本で実機が披露されるのは初めてということです。短時間でしたが、タッチ&トライコーナーでグローバル版の実機を触り、久しぶりに「欲しいXperiaだ」と感じました。他社も含めたフラグシックスマホは、ディスプレイのアスペクト比が18:9や19:9などが主流になりつつあるのですが、Xperia 1は、それよりもさらに縦に長い21:9のアスペクト比を採用しています。ソニーモバイルは、この比率を「シネマワイド」と呼んでいて、4K HDRの有機ELと相まって、映像コンテンツにより没入して楽しめます。映像配信サービスでは「Netflix」、ゲームでは「FORTNITE」「ASPHALT9」「ARENA OF VALOR」が21:9で楽しめるということです。


More »

動画のストリーミングでギガを無駄に使わない方法

“簡単なテクニックでも、知らずにいるとAndroid端末などから、大量のギガが使われてしまう・・・、このような問題に直面することもあります。
例えば、今では多くの人が動画視聴のためにスマートフォンを利用するようになりました。そのため、「動画は高画質で見るのが当然」という考えを持っている方もいるのですが、こちらはギガ不足に陥る要因の1つなので注意してください。
そもそも、現代の動画のストリーミングは、「無駄に高画質で見ることが可能」となっており、しかも、スマートフォンの初期設定は、「動画のストリーミングは高画質のまま」なのです。短時間の動画ばかり視聴しているはずなのに、いつの間にかギガ不足に陥ってしまう・・・、このような人はストリーミングの設定を確認するようにしましょう。
補足となりますが、動画サイトで低画質の設定をタップしても意味がありません。設定をタップするまでに読み込みが完了してしまい、何度もギガを無駄に使ってしまう恐れがあるからです。”


More »

“「URBANO V04」の実力は?  “

背面には有効約1600万画素のシングルレンズカメラを搭載し、複数の写真を同時に撮影、合成することで、背景をぼかした写真を記録できます。インカメラは有効約800万画素で、背景をぼかした写真はインカメラでは撮影することはできません。京セラによると、背景をキレイにぼかす被写体までの最適な距離は、人物では1.5m以内、人物以外では70cm以内だということです。つまり最適な距離に被写体を配置しないとうまくボカシを入れる撮影はできないということです。背景ボケの他に、ダイレクトSNSというモードもあり、撮影した写真や動画をまとめてSNSに共有できます。この機能もインカメラでは使えません。ワンセグやフルセグチューナーは搭載していないのですが、FMラジオチューナーを内蔵しています。radiko.jpアプリがプリインストールされているので、アプリ内でインターネットラジオからFMラジオの放送に切り替える形で聴けるようになりま。


More »